患者さんとコミュニケーションをとるために

看護師は患者さんにとって最も距離が近い医療スタッフであり、他の医療スタッフには伝えられないことも看護師になら話せるということが良くあります。逆にいえば患者さんとのコミュニケーションを行うのは看護師にとって欠かせない仕事なのが現状です。医療現場では特にその傾向が強く、円滑にコミュニケーションを行うことによって、他の医療スタッフでは聞き出せない情報を患者さんから引き出すことが求められています。

そのために患者さんと仲良くなるのが大切になりますが、その成功の可否を決めているのが第一印象であることが多いのが実情です。第一印象が重要なのは患者さんも良く看護師を吟味しているからであり、隠していることを話してしまっても良い相手かどうかと判断することが多いからに他なりません。気軽に話せる看護師だという印象を受けて話ができるようになるとさまざまなことを話してくれるようになります。そのスタート地点になっているのが最初の会話であり、そのときに受けた印象が重要になるのです。

一度できてしまった印象を変えるのは容易ではなく、患者さんに合わせた接し方を最初からできるかどうかが看護師に求められるスキルになっています。ベテランの看護師ほど経験から適した接し方を見抜けることが多くなり、必然的に気難しい患者さんであってもうまくコミュニケーションを取ることができているのが事実です。看護師が仕事をする上で最も経験が生きる部分であるとともに必要性も高くなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です